「ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園」
認可保育園・定員93名 運営:㈱プロケア
東京都江戸川区西葛西6-7-1
西葛西メトロセンターA棟1-1号
(東京メトロ東西線「西葛西駅」より徒歩2分)

東京の最東部に位置する江戸川区は、保育サービスを利用する児童数が約12,000人と都内でも指折りの子育てエリアです。23区内で最大の公園面積を有し、区独自の「保育ママ制度」や「補助金制度」など子育て支援も充実しており、知る人ぞ知る“子育てに力を入れている区”なんです!
今回ご紹介する園は、江戸川区南部を走る東西線の「西葛西駅」直結のビルにある「ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園」です。当園は「ちゃいれっく保育園」の第1号園として、17年前に定員30名の認証園でスタートしました。その後年月を経て2年前に認可園に移行し、現在では93名の子ども達の成長を見守っています。
現在、北海道から大阪まで23の“ちゃいれっく保育園”を展開する㈱プロケアの先駆けとなった「西葛西駅ビル保育園」とは一体どんな園なんでしょう?
今回は、西葛西駅ビル保育園の魅力を取材してきました!

利便性抜群のアクセス♪

ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園は西葛西駅の高架下にあるショッピングセンターの一角にあります。

高架下にあるショッピングセンターは飲食店を中心に、パン屋、薬局など、様々なジャンルのお店が並んでいます。

改札を出て、階段を下り色んなお店が立ち並ぶ商店街を通り抜けて…
2分も歩けば、ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園の看板が!
こちらは2F入り口です。
雨の日でも、駅から傘をささずに通勤できます♪

開放感抜群のフロア!

「ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園」は、2フロアからなるビルin保育園です。各フロアでは、ロッカー等を配置し、年齢ごとの保育スペースに分けています。担任の先生も年齢ごとに分かれていますが、フロア全体で園児が一緒に過ごしているため、先生達は担任の年齢以外の子ども達の様子にも目が届き、全員で一緒になって子どもを見ることができます。

また子ども達も、いつも顔を見合わせられる環境なのですぐに先生の顔と名前がわかるようになります。年長クラスの子が年少や年中クラスの子の面倒をみてくれるなど、年齢の違う子ども同士の交流が生まれることも、ワンフロアで見れるビルin保育園のメリットといえますね。

園長インタビュー!
保育園では「先生の笑顔が一番大事!」

ちゃいれっく保育園の先駆けとなった西葛西駅ビル保育園をまとめているのは、民間企業での活躍後に保育業界に飛び込んできた異色の経歴を持つ大野園長先生です。今回は、大野園長に西葛西駅ビル保育園の魅力を語っていただきました!

大野園長

2007年入社。大手民間企業での勤務後、結婚・出産を経て、「ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園」にてパート勤務から保育士キャリアをスタート。その後、主任経験を経て、2013年より園長へ就任

保=保育ぷらす+インタビュアー
大=大野先生
●敬称略

大野先生は、民間企業から保育士へキャリアチェンジをされたとおききしましたが、民間企業で働いているときから保育の世界にご興味があったんですか?

私は、もともと学校で保育士資格を取得しましたが卒業後は民間企業に就職した、いわば「潜在保育士」だったんです。結婚退職をしてから家庭に入っていたのですが、育児が落ち着いた頃に「可愛い子ども達と接したいな」と思い、パート勤務ができる保育園を探していたんです。そのタイミングで、この園を見つけて、応募したのが保育士キャリアのスタートですね。

実際に保育の世界で働いてみた感想はいかがでしたか?

保育士の先生はビジネスの世界で働く人達と違ってピュアだと感じました(笑)子どもの笑顔のために、本当に一生懸命だなって。民間企業で働いていた時とのギャップは感じましたね。

ピュアですか!(笑)確かに保育士さんは、ホスピタリティが高い方が多いですもんね。では、大野先生にとって順風満帆な保育士キャリアだったのでしょうか?

全然ですよ~!正直、辞めたいと思ったこともいっぱいありました(笑)
職員間での軋轢で理不尽な発言をされたり…とかね。でも、一緒に働いている先生達に恵まれたんでしょうね。職場環境を変えたいと思ってくれた先生達と協力して、人間関係の改善に取組みました。相手の立場にたって考えることをからはじめて、そこから自分達に何ができるか思いめぐらし、相手を動かすアイデアを実行してきたんです。そうした先生達のチームワークもあり、働きやすい職場へと変わってきたと思います。

そうだったんですね。さすが、外の世界で色々な経験をされてきただけありますね!

そうね、一般企業よりは改善しやすい関係性だと思います。
前任の園長先生のときに、「自分がやられて嫌なことは人にしない」ということルールとして取り決めました。これは職員だけでなく、園児にもちゃんと伝えています。

良いルールですね。ちゃんと先生達が子ども達に指導するためには、まずは自分達ができていないとダメですもんね。大野園長が園を運営するうえで、大切にされていることはなんですか?

保育は命を預かる大切な仕事です。仕事自体にストレスがかかるからこそ、「職員に気持ちよく働いてもらう環境を作る」ことが私の役目だと思っています。そのため、些細なことでもしっかりと耳を傾けて受け止めること、個人の価値観を尊重することを意識しています。やっぱり子ども達が楽しく過ごすためにも、子どもと向き合っている先生の笑顔が一番大事ですからね!

園長先生が考える西葛西駅ビル保育園の魅力ってなんですか?

「職員間の仲の良さ」ですね!これは声を大にして自慢できます(笑)上下関係なく、人の意見を受け止めるスタンスが職員全員に浸透しているので、私が過去に経験したような嫌な思いは一切ないですし、ほかの保育園にも負けないうちの強みだと思っています。でも、欲を言うなら職員達に「もっともっとやりたい保育の発信をして欲しい」ですね。そういった意味では、ちょっと自発性が弱いかな?ということで、まだまだ発展中の園でもあります。

最後に、大野園長にとって「ちゃいれっく保育園」とはどんな存在ですか?

「やりたい保育が実現できる場所」です。先生同士がお互いの意見を持ち寄って、先生自身がしっかりと楽しめる保育を実現できるのがちゃいれっく保育園だと思います。私も本音を言うと、園長ではなく一保育者として現場に入りたい(笑)そんな保育園だから私もここまで続けてこれたんじゃないかな(笑)

現役職員の声:
ちゃいれっく保育園は“ヒト”のあたたか
さを感じられる場所

ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園に新卒で入社し4年目のめぐみ先生に、西葛西駅ビル保育園で働く魅力を語っていただきました!
入職から2年間程は仕事で思い悩んだこともあったそうですが、今では充実した日々を送っているとのこと。その理由とは…

めぐみ先生

2015年入社。幼少時より小さな子と関わることが好きで、保育の道へ。実習園でちゃいれっく保育園を選び、新卒で西葛西駅ビル保育園に入職。4年目を迎える現在、3歳児クラスの担任として活躍中

ちゃいれっく保育園を就職先に
選んだ理由は?

学校の先輩が横浜のちゃいれっく保育園で働いていて、「楽しいよ!」と聞いていたので実習園に選びました。実習に行ってみて、先輩の言っていたことが自分にもしっくりと当てはまったこともあり、入職を決めました。

西葛西駅ビル保育園で働いてみたら?

実習園は横浜でしたが、新卒としての配属は西葛西駅ビル保育園だったんです(笑) 当時は認可保育園になる前で、30名程度の認証保育園でした。私としては、少人数でアットホームな環境は働きやすいと思っていたのですが、子どもの人数が少ないということは、先生の人数も少ないので想像以上に大変な事もありました。当初は、勤務して日の浅い先生が多かったこともあり、ベテランの先生が抜けてしまったあとは私がリーダーを任されることになったんです。入社して半年足らずで仕事にまだ慣れていないのに、先生のまとめ役までやることになり当時は本当に大変でした。自分の保育に自信が持てないことが不安で、このまま続けられるかどうか悩んでいたんです。

悩んでいた矢先に見えた光

そうした悩みを抱えていたところ、2つのフロアにある別々の認証保育園が統合して認可保育園になったんです。認可になったことで園児の数が倍となり戸惑う部分もありましたが、他のフロアで働いていた経験豊かなベテラン先生達が合流してくれたことが、私にとっては大きな転機となりました。これまで手探り状態でしていた保育から、経験・知識のある先生方から学べることができるようになったので、これまでの不安が解消されました。現在も一緒に組んでお仕事をしているベテランの先生から日々学ぶことも多く、本当に毎日が新鮮です(笑)

園庭が無いからこそ
保育士の腕の見せどころ

実習園では園庭があったので、ビルin保育園での外遊びについて少し心配をしていました。しかし、園庭が無いことで近隣にある沢山の公園の中から、その日の遊び場を決められるなど、園庭があった時よりも選択肢が広がるんです!それに高架下の立地を活かすと、雨の日でも商店街をお散歩できます。園庭がある保育園では雨の日は室中遊びだけになりますが、ビルin保育園だからこそできる保育なんだと思いますし、やり方次第で園庭のある保育園以上の保育ができるんだと思っています。
商店街のおじさんやおばさん達も園児達が散歩に来るのを楽しみに待っていてくれ、近くを通ると声をかけてくれるんです。こうした地域との交流が頻繁に持てるのもビルin保育園だからこそですよね。

私にとってのちゃいれっく保育園とは?

先生同士のコミュニケーションが活発で、色々なことを学べます。どの先生もしっかりと話を聞いて受け止めてくれるので、“ヒトのあたたかさ”を感じられる職場だと思っています。

地域の方々と共に子どもの成長を見守る
「ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園」

職員間のコミュニケーションが活発な西葛西駅ビル保育園。実際に取材中も先生や園児の笑い声があちこちから聞こえてきました。どれくらい賑やかな職場かですって?ここから先は、是非ご自身の目で確かめて下さい。見学だけでも積極的に受け付けています。

ご応募お待ちしております!

募集要項

「ちゃいれっく西葛西駅ビル保育園」
認可保育園(定員93名)


職種

保育士(正社員)


月給

230,480円以上
※フリーシフト対応手当込の場合は235,480円~
※上記給与は短大新卒初任給です。
 ご経験を考慮して決定いたします。
※残業代は別途支給です。(固定残業代はありません)


賞与

年2回(月給ベース×2ヵ月分)
※一部手当を除く


勤務時間

月~土のうち週5日
(土曜出勤した場合は平日に振休取得)
7:30~19:30のうちの8h
※シフト例 早番: 7:30~16:30 中番: 8:30~17:30
 遅番:10:30~19:30


休日

年間休日120日(週休2日制)
有給休暇(初年度10日)
※有給が付与されるまでの期間は入社時傷病等休暇(3日間)付与


福利厚生

フリーシフト対応手当(月5,000円・規定有)・通勤手当(月50,000円上限)・住宅手当(月10,000円・規定有)・退職金制度・社会保険完備・残業代別途支給(月平均1.8h程度/2017年度実績)・育休・産休制度(対象者10名中10名取得/2017年度・男性取得実績3名)・結婚・出産祝い金・育児時短制度(お子さんが小学校3年生を修了するまで利用可・最短6h~)・年間約21種類の社内研修・海外研修制度(オーストラリア/2018年度)・エプロン貸与・制服代支給・インフルエンザワクチン補助・定期健康診断・永年勤続表彰制度・映画やレジャー施設の優待割引「ベネフィット・ステーション」・社内イベント(BBQ大会等/自由参加)


選考

園面接+本社面接 ※同日に実施することも可能です
 選考方法 : 面接のみ (ピアノ・筆記試験などはございません)
 必要書類 : 履歴書・職務経歴書・保育士資格証 (
見込みの方は合格ハガキ)

☆「いきなりの選考は不安…」という方は、保育園見学会をご希望に合わせて実施しています
☆パート・アルバイト等も募集しておりますので、働き方についてはお気軽にご相談ください!


運営会社

株式会社プロケア 
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-30-4 30 山京ビル 3F
HP  : https://www.procare.co.jp/
TEL :03-6233-7800
MAIL:saiyou@procare.co.jp